戦国の世から日本をねらうイエズス会










織田信長は戦争屋イエズス会の力を借りたから、火薬、鉄砲の力を借りたから強かっただけではないのか?

織田信長が長期政権を握っていたら、日本は戦争屋イエズス会の南蛮人によって滅ぼされていたかもしれない。

荒木村重や明智光秀はそのことに気がついて日本を護った英雄ではないでしょうか。

軍師官兵衛もキリシタン大名なので、イエズス会と打ち合わせをしていたという説に納得します。官兵衛は織田打倒から秀吉支配のシナリオを打ち合わせていたという説です。

南蛮人の怪しさに気が付いた秀吉と官兵衛の間に隙間風が吹くのは当然の結果ということになりますね。

米戦争屋支配下のNHKは絶対にキリスト教の悪の面を語らず、良いことばかり言って国民を洗脳していると思われます。

戦争屋イエズス会のシンクタンクCSISのシナリオ通りに動いている安倍壺三に長期政権を握らせると・・・


☞ ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人









ブログ アーカイブ