三島由紀夫のことば





私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。

このまま行ったら「日本」はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。

日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

それでも いいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである。


 三島由紀夫
















(昭和45年7月7日(産経新聞)果たし得てない約束-私の中の25年)














ブログ アーカイブ