宗教は常にありえない物語を説いている。



宗教は常にありえない物語を説いている。


考えてもみてくれ。

見えもしない奴が空に住み、

そいつが毎日毎分の全てをお見通しで、

さらにその見えない奴が、 

10個のしてはいけないことを並べている。

そしてしてはいけないことをしたときには特別な場所へ追いやられ、

そこには永遠に続く火や煙や拷問や激痛が用意されている。

そこでこの世の終りまで焼かれ、叫び、苦しみ続けるのである。

だが、そいつには愛があり、

そして愛があり、

さらに愛があり、

金を必要としている。



ジョージ・カーリン(George Carlin)



 








ブログ アーカイブ