今の稲田防衛大臣はかつて「TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ。」 という発言をしている。 恥ずかしくないんですかね?





西尾正道 参考人12/2参院・TPP特別委員会の発言 一部分を文字おこし。

今の稲田防衛大臣は「TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ。」 という発言をしているんですけども、 個人がウソをつくレベルではなくて党としてウソをついている。 180度態度を変えている。 いったい国民は誰に投票したらいいんですか? 党の公約そのものも破棄しちゃう。 修正どころか180度違うものにしちゃう。 これはもうウソとしか言いようがない。 で、この倫理的、道義的な問題っていったいどうなっているんでしょう? 恥ずかしくないんですかね? TPPを推進してる何年か前に断固反対と言っていた者が、 とにかく、こういった形でですね、 「息を吐くようにウソをつかれたらやってられません国民は。」 そもそも6000ページに及ぶこの内容をですね 本当に皆さん読んでいるんですか? 情報を出して下さいと言っても海苔弁当の段階。 こんなことで、とにかく赤信号みんなで渡ればこわくないと言って賛成しようとしている訳です。 冗談ではない。 条文もまともにチェックもしてない訳ですから、実際には赤信号も見ないで今渡ろうとしている訳です。 これが今の現実です。 で、実際にTPPってのは基本的にはですね、歴史的には、 昔戦争、今TPP。 昔は戦争を仕掛けて国益を取りました。 戦争をするのは国益を取る為。 ところが、公然とですね、核兵器を持つ時代になったら、 お互いに面と向かっては、戦争はできない。 そうなると地域紛争はもちろん起こりますけれども、 国家として国どうしがぶつかり合えないですから、国益を取る、 国益というよりもむしろグローバル企業ですけれども、 国を動かしているグローバル企業の利益を取る為に、 貿易上の仕組みを変えて利益を取ろうというのがまさにTPPでございます。 これがTPPの本質でございます。 (発言は続く。。。)







☞  Now is the time to wake up ! !




 

「人々は、政府がすべて直してくれると信じています。ほんとうは、私たち自身が政府なのです。」 by John Lennon

 



























ブログ アーカイブ